2012年02月20日

オナニーしても胸は大きくならないし、逆に小さく

婚活女性がオナニーすることほど危険なことはないようです。

特に、成長の場合、胸のカップがAとかBくらいで止まってしまうとのことです。
この辺りは個人差はあるので、オナニーしていてもDカップの場合もありますが、
女性ホルモンや成長ホルモンが浪費されるのは事実だと思います。

ただ、そうはいっても、やはり性欲はあるもので
大切なのはオナニーしても胸が小さくならないように
対策をしっかりすることなんだと思います。

オナニーで分泌されるのは女性ホルモンではなく男性ホルモン(女性でも)
確かに、オナニーとかエッチしても大きくなるのは胸でなく乳首だけで
ものすごくアンバランスになる可能性が…


>>乳首の発達は見た目でバレルので普通の女の子にはお勧めできないと

つまるところ、カップと乳首のバランスが悪くなるので、
男受けは相当なイメージダウンになりますね。

ここでは、豆乳などによって、オナニーのよる胸の損耗を抑えるテクが示されていて
婚活対策としても
かなり有益だと思います。
posted by こいのぼり at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月16日

卵子の老化でアラサー、アラフォーの婚活は壊滅するか

NHKの番組で卵子の老化について報道がありました。
時代もついにここまで来てしまったのかという感じがしました。

これまでは、独身女性が不利になるような報道は一切なかった時代が
それが、負け犬、婚活と続き、
完全に終わった感じがします。

卵子の老化以前の話として
羊水が腐っている騒動がありましたが、
あのときは、まだ、独身女性にはパワーがありましたが、
集中砲火の的にして

でも今は、時代が変わりました。
まもなく、個人中心とした時代から家族中心とした時代に変化していくのですね。

しかし、私の周辺でも
30過ぎで結婚を決めている女性は増えていますね。
最近多いのが、テキルシスなどの婚活法の活用ですね。
この辺りのノウハウを用いることで
アラサー、アラフォーでも意外に早く
パートナーを見つけることができています。

彼女達がものすごく幸せそうな姿を見るにつけ
やはり独身中心、個人中心の時代は終わった感があります。

卵子は老化するときくと
すぐに、男性の老化はどうなんだ…
男性がいうのはいいですが、
卵子の老化は報道しても、精子の老化は報道しないのは不公平なんて
そういう感覚で男性に接することが一番危険ですね。

男性が若い女性が好きなのは、自然の摂理にかなっていることなので
それは受け入れるしかないことだと思います。
posted by こいのぼり at 21:05| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月17日

婚活死とオナニー死

婚活して死ぬ
つまるところ、婚活しても上手くいかなくて死ぬということでしょうか。
かなり寂しい女性が増えていますね。
この点は要注意です。
婚活死という言葉をこれまで知らなかったから
婚活地獄とか、婚活疲労とかはしっていたけどね。

毒女通信というブログがあって
最初のうちはそういうものかと思ってみていたけど
あれは駄目だね
あのような安易な考え方
「女子」というようなタチイチになってしまうと
女性は死ぬ
だから、自分は女子ということを使うのをやめました。
私の友人のように
彼氏もいないのに、ただただ自慰で我慢する女性は増えているのだろうね
寂しいけど、アラサー、アラフォーの現実とは
そんなものでしょう。
posted by こいのぼり at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月15日

高良健吾がいいね

ファンのため見た映画多い、独身女子からも人気は高い
高良健吾には要注目です。

ハリヨの夏(2006年10月14日、葵プロモーション) - 杉本翔 役
地下鉄に乗って(2006年10月21日、ギャガ・コミュニケーションズ / 松竹) - 靴磨きの青年 役
犬神家の一族(2006年12月16日、東宝) - 犬神佐兵衛(青年期) 役
人魚姫と王子(2007年6月2日、バイオタイド) - メイサ 役
サッド ヴァケイション(2007年9月8日、スタイルジャム) - 間宮勇介 役
M(2007年9月15日、ハピネット) - 正木稔 役
逃亡くそたわけ(2007年10月20日、シネハウス) - 毅 役
ひゃくはち(2008年8月9日、ファントム・フィルム) - 佐々木純平 役
蛇にピアス(2008年9月20日、ギャガ・コミュニケーションズ) - アマ 役
禅 ZEN(2009年1月10日、角川映画) - 俊了 役
フィッシュストーリー(2009年3月20日、ショウゲート) - 五郎(逆鱗ヴォーカル) 役
ハゲタカ(2009年6月6日、東宝) - 守山翔 役
蟹工船(2009年7月4日、IMJエンタテインメント) - 根本(雑夫) 役
僕らは歩く、ただそれだけ(劇場未公開作品、アルチンボルド) - みゆきの同級生 役[13]
南極料理人(2009年8月8日、東京テアトル) - 兄やん(雪氷サポート) 役
BANDAGE バンデイジ(2010年1月16日、東宝) - ユキヤ 役
ソラニン(2010年4月3日、アスミック・エース) - 種田成男 役
ボックス!(2010年5月22日、東宝) - 木樽優紀 役
ケンタとジュンとカヨちゃんの国(2010年6月12日、リトルモア) - ジュン 役
おにいちゃんのハナビ(2010年9月25日、ゴー・シネマ) - 須藤太郎 役
雷桜(2010年10月22日、東宝) - 友蔵 役
マジでガチなボランティア(2010年12月4日、メディアフォーユー) - ナレーション
ノルウェイの森(2010年12月11日、東宝) - キズキ 役
白夜行(2011年1月29日、ギャガ) - 桐原亮司 役
posted by こいのぼり at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月14日

婚活女の恐ろしさを体験してきた

掲示板の記事をまとめたものだと思いますが。

婚活女の恐ろしさを体験してきた
http://blog.livedoor.jp/himasoku123/archives/51423517.html

世間の男性は婚活女性をこんな風にみているのですね。
これは、ちょっとした衝撃でした。

まあ、実際、このようなヒステリーな女性もいることはいますが、
女性が皆こうだと、思われるのは辛いですね。

優しい女性もいますよ〜

posted by こいのぼり at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする